ネイルカラー(ポリッシュ)の塗り方

ネイルカラー(ポリッシュ)

ネイルカラー(ポリッシュ)は、いわゆるマニキュアとも呼ばれていますが、本来マニキュアとは爪や手全体のお手入れのこと指すので、ここではネイルカラー(ポリッシュ)という名前でご紹介します。

ネイルカラー(ポリッシュ)を塗る前に

ネイルカラー(ポリッシュ)を塗る前には、まずネイルの長さや形、キューティクル(甘皮)等を整えましょう。
下処理をちゃんとすることで、ネイルカラー(ポリッシュ)の保ちも違ってきますよ!

  1. ネイルの長さと形、キューティクル(甘皮)を整えます
    1

    ネイルの長さと形、キューティクル(甘皮)を整えます
    好みの長さと形を作り、キューティクル(甘皮)を整えます。

  2. ネイルの表面を整えます(バッフィング)
    2

    ネイルの表面を整えます(バッフィング)
    バッファーを使ってネイルの表面を磨きます。
    爪の凹凸がなくなり、ネイルカラー(ポリッシュ)がキレイに塗れます。
    ※磨きすぎないよう注意しましょう!

  3. ネイルカラー(ポリッシュ)を塗る準備をします
    3

    ネイルカラー(ポリッシュ)を塗る準備をします
    以下の物を揃えましょう。
    ■ネイルカラー(ポリッシュ)
    ベースコート
    トップコート
    薄め液(ネイルカラーの濃度を調節)
    ■消毒用エタノール
     (または油分が含まれていない除光液や専用油分処理剤)
    オレンジウッドスティック(綿棒でもOK)
    ■コットン

ネイルカラー(ポリッシュ)は、完全に乾くまでかなり時間がかかります。お風呂・歯磨き・トイレを済ませ、夜寝る前に塗るのがおすすめです! 携帯やリモコン類を手元に置いておくのもお忘れなく。

[BACK] [PAGE TOP]

ネイルカラー(ポリッシュ)の塗り方

だれもが塗ったことのあるネイルカラー(ポリッシュ)ですが、意外と間違った塗り方をしている人も多いのでは?
正しい塗り方をマスターして、ネイルサロン並みの完成度と保ちを目指しましょう!

  1. エタノールなどで爪の表面を拭きます
    1

    エタノールなどで爪の表面を拭きます
    コットンにエタノール(または油分が含まれていない除光液や専用油分処理剤)を染み込ませ、爪の表面の汚れや油分を取ります。
    除光液を使う場合は、油分の含まれていないものを使って下さい。
    細かい所は、オレンジウッドスティックにコットンを巻き付けて(綿棒でもOK)取りましょう。

  2. ベースコートを塗ります
    2

    ベースコートを塗ります
    ベースコートはネイルカラーの色素沈着を防ぎ、定着も良くしてくれますので、必ず塗りましょう。
    まず、ハケの片側をボトルの口でしごいて、ベースコートを取ります。
    最初に爪先に塗り、次に爪表面の中央・左・右の順に塗ります。
    塗った後は、しっかり乾かします。

  3. ネイルカラー(ポリッシュ)を2回塗ります
    3

    ネイルカラー(ポリッシュ)を2回塗ります
    ベースコートと同じ要領でネイルカラーを塗ります。
    乾いたら、もう一度塗ります。
    ネイルカラーがどろっとして塗りにくい場合は、
    薄め液で濃度を調整します。
    はみ出た部分は後で取るので、気にせずに素早く一気に塗りましょう。

  4. トップコートを塗ります
    4

    トップコートを塗ります
    トップコートはツヤを与え、ネイルカラーを長持ちさせます。
    3日に1回ぐらい塗り重ねると、ネイルカラーが長持ちします。
    ベースコートやネイルカラーと同じ要領で塗って下さい。
    塗った後は、しっかり乾かします。
    速乾剤を使ってもGood!!

  5. はみ出た部分を取り除きます
    5

    はみ出た部分を取り除きます
    オレンジウッドスティックにコットンを少量巻き(綿棒でもOK)、除光液(リムーバー)をつけます。
    爪からはみ出ているネイルカラー等を取り除きます。

これだけできれば、プロ並みの仕上がりと保ちが期待できます。
ネイルサロンでやってもらった時も、トップコートを2~3日に1度塗ると、長持ちしますよ!

[BACK] [PAGE TOP]

ネイルカラー(ポリッシュ)の取り方(落とし方)

ネイルカラー(ポリッシュ)を落とす時、なかなか取れないとゴシゴシこすってしまいがちですが、爪を傷めないよう正しい手順でやさしく丁寧に落としましょう。

  1. コットンに除光液(リムーバー)を染み込ませます
    1

    コットンに除光液(リムーバー)を染み込ませます
    コットンにたっぷりと除光液(リムーバー)を染み込ませて下さい。
    薄手のコットンは2枚重ねて使いましょう。

  2. コットンを爪の上に置きます
    2

    コットンを爪の上に置きます
    爪全体に覆いかぶさるよう、コットンを爪の上にのせます。
    しばらく置いて、ネイルカラー(ポリッシュ)が溶けるのを待ちます。

  3. コットンを滑らせて取ります
    3

    コットンを滑らせて取ります
    コットンを爪の根元から爪の先に向かって、そっと滑らせます。
    この時、ゴシゴシこすらないように注意しましょう。

  4. オレンジウッドスティックで残った部分を取ります
    4

    オレンジウッドスティックで残った部分を取ります
    残ったネイルカラー(ポリッシュ)は、オレンジウッドスティックにコットンを巻き(綿棒でもOK)取りましょう。

除光液(リムーバー)を使用する時、除光液(リムーバー)が皮膚に付くと乾燥してしまい肌に良くないので、なるべく皮膚に付かないように注意しましょう。

[BACK] [PAGE TOP]

ネイルカラー(ポリッシュ)をうまく塗るコツ

ちゃんとやってるのに、何故かうまく塗れない。そんな時は、以下を参考にしてみて下さい。

■ハケを広げて薄く爪の先端まで塗る

ハケを広げて、適切な分量を塗るのがコツです。
一度にたくさん塗るのではなく、薄く2度塗りしましょう。
爪の先端を塗るのも忘れずに!

■ベース&トップコートは必ず塗る

ベースコートトップコートは必ず塗るようにしましょう。

■ラメ入りを使う

ムラやスジが出にくいので、初心者でもうまく塗れます。
グラデーションにすれば、ネイルサロンでやったみたいないい感じに!

ネイルアートの作り方こちら

■ビンを振らない

ビンを振ると空気が入って気泡が出来たりします。
混ぜる時は、ビンをそっと転がして空気が入らないようにしましょう。

■プロ仕様のネイルカラー(ポリッシュ)を使う

いいハケがついているので、塗りやすかったりします。

ネイルカラー(ポリッシュ)をうまく塗るコツ

うまく塗れない時は、ネイルサロンでやってもらったり、ゆっくり時間をかけて塗れるジェルネイルがオススメ!

[BACK] [PAGE TOP]

ネイルカラー(ポリッシュ)の保存法と捨て方

ネイルカラー(ポリッシュ)の保存の仕方で、次に塗る時の塗りやすさが変わってきます。
また、意外と知られていないネイルカラー(ポリッシュ)の捨て方もご紹介します。

■ネイルカラー(ポリッシュ)の保存法

フタをしっかりと締めて、日光が直接当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。
使い終わる度にキッチンペーパー等に除光液(リムーバー)をつけて、ビンの口とハケをキレイに拭いておくと、ネイルカラー(ポリッシュ)が長持ちします。

■ネイルカラー(ポリッシュ)の捨て方

換気を良くしてから(できれば屋外で)、残っているネイルカラー(ポリッシュ)を新聞紙等に染み込ませて乾かします。
乾いたら燃えるゴミとして捨てましょう。
空きビンは、自治体の回収方法に合わせて捨てましょう。

ネイルカラー(ポリッシュ)の保存法と捨て方

ネイルカラー(ポリッシュ)は、正しい保存法で長持ちさせて使い切るのがベストです。
残ってドロドロになったネイルカラーは、専用の薄め液を使って最後まで使い切りましょう!

[BACK] [PAGE TOP]

フェイスブックページへ